ぷらぐあうとのまったりゲーム日誌

まったり話題のことについてつぶやく日誌

【シャドバ】開闢ウィッチ(ローテーション)

どーも、PlugOutです。

 

f:id:PlugOut:20190202141213p:image

今、僕がシャドバで調整しているのは「開闢の預言者」をテーマにしたウィッチのデッキ。

今回は、ようやく整ってきたのでご紹介します!

 

 

f:id:PlugOut:20190202124348p:image

まずデッキレシピはこちら!

「開闢の預言者」の召喚条件を満たすためにいろんなレベル帯のカードを散りばめています。

 

f:id:PlugOut:20190202124319p:image

「開闢の預言者

コスト20のため、直接召喚はまず無理なカード。

ステータスは「20/20」で「相手の能力で選択されず、能力によって破壊されない」という、ほぼ無敵の能力を持っています。

直接召喚の能力を持っていて、ある条件を満たすと、自分のターン終了時にデッキから召喚されます。

その条件というのが「レベル1から10のカードをプレイしている」ということ。

そしてこの条件を満たすためには、注意点があります。

それは「エンハンスは対象外」「アクセラレートはそのコスト」で判定されるということ。

下に例を挙げます。

  • 「神弓の座天使・リリエル」は「エンハンス:7」で使用しても、元々のレベル4としてカウントされる
  • 「真実の使者」は「アクセラレート:2」として使用すると、レベル2としてカウントされる

ちょっとどうしてこうなっているのかは不思議で、なかなかややこしいですね。

ちなみにスペルブーストによるコストダウンは元々のコストで判定されるのでご安心を。

このデッキでは、このカードを出すことによるリーサルを目指します。

 

f:id:PlugOut:20190202124406p:image

「真実の絶傑・ライオ」

デッキのレベル7枠。

デッキ内カードを全て「スペルブースト:9」するという強い能力を持ったカード。

出さればかなり強いのですが、問題はそのコスト。

何回もデッキを回した感じ、このカードを出せればかなり有利になりますね。

 

f:id:PlugOut:20190202124454p:image

「真実の宣告」

デッキのレベル6枠。

運任せになりますが、運が良ければリーサルも可能なカードです。

ゴーレムを出すので、壁が欲しい時に便利。

ただ、コストが重いのが難点かな。

 

f:id:PlugOut:20190202124426p:image

「スウィート★メドゥーサ」

デッキのレベル6枠。

「スペルブースト:7」で「メドゥシアナ」を出せるのが強いです。

「メドゥシアナ」はステータスが「1/7」ですが、能力として「必殺」と「3回攻撃」を持っているのでメチャメチャ強いですよ!

大量にフォロワーを並べるタイプの相手に有効!

 

f:id:PlugOut:20190202124440p:image

「真実の従者」

このデッキのコスト2とコスト7枠。

上で説明したようにアクセラレートの場合はそのコストで判定されるので、2と7のどちらかを満たすことができます。

思いカードばかりだと事故りやすいので、通常はコスト2のスペルとして使うのが吉です。

 

f:id:PlugOut:20190202124504p:image

「ノヴァフレア」

このデッキのコスト4枠。

どうしても大量にフォロワーを並べるタイプのデッキとは相性が悪いので、大量破壊系のカードは重宝します。

「潜伏」持ちフォロワーも除去できるのが強いし。

 

f:id:PlugOut:20190202125015p:image

「神弓の座天使・リリエル」

このデッキのレベル4枠。

上で説明したように、エンハンスではレベルが考慮されないため、4としてだけ判定されます。

割と保険として入れているカードで「マナリアデッキ」などの一度に大ダメージでリーサルするデッキ相手の時に1ターンしのぎに使用します。

 

デッキの回し方としては、マリガンでは低コストカードをキープして、手札を確保しつつ各レベルのカードをプレイしていきます。

どうしてもアグロタイプのデッキに弱いのが難点だなぁ。

 

ではでは!

 

【シャドバ】超越ウィッチ(アンリミテッド)

どーも、PlugOutです。

 

シャドウバースにおいて、僕は「アンリミテッド環境」はあまりやっていないのですが、「アンリミテッド杯」という大会が開催されていたので参加してみました。

今回は、それ用に作成したデッキをご紹介します。

 

f:id:PlugOut:20190126103938p:image

テーマは「アンリミテッド環境」での「超越ウィッチ」です。

「アグロヴァンプ」と迷ったんですけどね。

こっちの方が必要そうなカードが大体揃ってたのでこっちに。

 

 

f:id:PlugOut:20190126104334p:image

こちらがデッキレシピ。

前に作った「超越ウィッチ」デッキに、軽く調整を加えただけとなっております。

plugout.hatenablog.jp

以下、キーカード。

 

f:id:PlugOut:20190126104623p:image

「次元の超越」

相手のターンをスキップできる(いろんな意味での)ぶっとびカード。

強すぎるので、いつかの調整でコストが20まで上げられてしまいました。

スペルブーストでコストダウンできるので、ガンガン減らして目指せずっと俺のターン」!

(わははははははは)

 

f:id:PlugOut:20190126104859p:image

「魔力の蓄積」

「次元の超越」のコストアップに伴い、底上げとしてより必要になったカード。

スペルブーストを3つ加算できるので、このカードがうまく絡めば7ターン目で「次元の超越」を発動まで持っていける。

 

f:id:PlugOut:20190126105122p:image

「ギガントキマイラ」

スペルブースト分+3ダメージを相手のフォロワーとリーダーに割り振るキマイラ君。

正直、超越絡ませずにこいつだけでリーサルすることも割と良くありますね。

とりあえずこいつにスペルブーストを食わせておけばオーケー、みたいな。

邪魔になるので3枚は要りません、2枚で。

 

f:id:PlugOut:20190126105330p:image

「ゴーレムアサルト」

ギガントキマイラの用意ができなかった場合の、リーサル手段として活躍するのがこれ。

「次元の超越」と絡めて、ひたすらゴーレムでごり押しリーサルするのも手段としてはあり。

できれば「土の秘術」を絡めて、1コスでゴーレムを3体並べたいところ。

 

ちなみに回し方としては「次元の超越」 か「ギガントキマイラ」を手札でキープし、スペルブーストを蓄えつつ、リーサルできる段階になったらブッ放すだけです。

アグロタイプのデッキとはかなり相性が悪いのでご注意を。

 

f:id:PlugOut:20190126103805p:image

ちなみに大会の結果はこんな感じ。

Aグループには進出できなかったものの、Bグループとしては優勝まで行けました!

そこそこ戦えるデッキってことでよいのかな(笑)

 

逆転オセロニアで「マクドナルドの商品を手に入れよう!」の巻

どーも、PlugOutです。

 

皆さんはスマホ向けアプリ「逆転オセロニア」というゲームをご存知でしょうか?

www.othellonia.com

実のことを言うと、僕もあまり良く知りませんでした。

マクドナルドの店舗でこの広告を見るまでは!

mcd.cpn-othellonia.com

なんでもゲームをプレイしてミッションをクリアすると、マクドナルドの店舗で実際に(ゲームないアイテムじゃないですよ?)「マックフライポテトS」「ソフトドリンクS」「チーチーダブチー or チーチーてりやき」がもらえるそうです。

「おぉ、無料で貰えるなら欲しい!」と軽い気持ちで始めました。

 

逆転オセロニアとは!

負けてる時ほど面白い!クセになる大逆転の爽快感!”オセロだけどオセロじゃない”スマートフォンで遊べる新感覚オセロバトル!

(公式サイト: https://www.othellonia.com/より)

オセロをベースにしたボードゲームライクなアプリで、簡単に言うとオセロの自分のコマに色々なスキルが割り当てられています。

難しい所としては、単純に陣地を自色で塗りつぶせば良いわけではなく、陣地以外にHPの概念があると言うこと。

そしてその使いコマは、パズド……某ソシャゲよろしくガチャで入手したり、アイテムを使って育成したりすることが可能です。

うーん、この辺は実際にやってみないと分からないか。

 

とりあえず、僕の目標は「マックフライポテトS」「ソフトドリンクS」「チーチーダブチー or チーチーてりやき」の3つ。

それぞれの条件を以下にまとめました。

 

手に入る商品 条件
マックフライポテト(S) 対人戦で10勝する
お好きな炭酸ドリンク(S) 対人戦で25勝する
チーチーダブチ or チーチーてりやき 対人戦で50勝する

とりあえず、今回僕はアプリをダウンロードする所から開始しました。

そしてインストールが終わったら、アプリを起動してチュートリアルを軽くこなします。

 

 

f:id:PlugOut:20190113165945j:image

そして、終わったらようやくトップのイベント項目から「マクドナルドのロゴ」をタップしてイベント会場へ移動!

 

f:id:PlugOut:20190113170139j:image

上にチェックインボタンがありますが、今回のミッションには必要ないので無視します。

下の「オセスタコロシアム」のバナーをタップ!

 

f:id:PlugOut:20190113170259j:image

遷移先の画面の下の方に「フリーバトル開始」と「予選ランキングバトル開始」のボタンがあります。

これはどちらを選んでも対人戦扱いになりますが、チェックインしていないと右の方は選べないので左を選択します。

 

f:id:PlugOut:20190113170549j:image

ここで注意なのが、デッキ選択画面。

フリーマッチでは、どうやらレベル毎にマッチングがされていない様子でした。

なので、僕のような初心者のデッキでは手練れにフルボッコにされてしまいます。

これでは最低限の10勝どころか1勝もできません。。。

 

f:id:PlugOut:20190113170558j:image

そこで使うのがデッキ選択画面の下の方にある、この「オセスタ専用デッキに切替」のボタン。

とにかく押す、押すんだ。

 

f:id:PlugOut:20190113170632j:image

これを押すとあら不思議、自分のデッキが何やら強そうなデッキに早変わり!

実はこれに気づくまで、僕は1時間ほどかかりました(泣)

これで、熟練者ともある程度は渡り合えるようになりますよ! 

 

f:id:PlugOut:20190113170858j:image

ちなみに達成した場合ですが、クーポンは一度「ミッション」画面から受け取る必要があります。

またミッションの達成状況についてもこの画面で確認できるので要チェックですよ!

ちなみに「ミッション」画面については、アプリのホーム画面下から遷移可能です。

 

f:id:PlugOut:20190113170911j:image

「ミッション」画面でクーポンを受け取った後は、再度ホーム画面の「マクドナルドのロゴ」から専用画面へ遷移し、表示される画面下の「クーポンタブ」をタップします。

 

f:id:PlugOut:20190113170952j:image

そして表示される「クーポンを使う」ボタンをタップすると、アプリ上ではなくブラウザ上で専用画面が開きます。

後はブラウザ上の指示に従って、通常のマクドナルドのクーポン同様に使用するだけです。

 

 

f:id:PlugOut:20190113171039j:image

引き換えてきましたの図。

50勝するまでの道のりはかなり辛かった……!!!

これが、「マックフライポテト(S)」「スプライト(S)」「チーチーダブチ」だ!!!

 

f:id:PlugOut:20190113171048j:image

「チーチーダブチ」については、昔に食べて「DIGITAL COFFEE」のブログの方で記事を書いた記憶があります。

plugout.hatenablog.com

あぁ、丁度1年前でした(笑)

1年経っても変わらず美味しかったですよ!

 

やってみたら「オセロニア」、予想よりも面白くてよかったです。

ただ対人50勝はかなり辛かった……

これを機に初めてみようかな?という人にとってはちょっとハードルが高いような気がするなぁ。

 

【シャドバ】新パック「Altersphere / 次元歪曲(じげんわいきょく)」

どーも、PlugOutです。

あけましておめでとうございます。

2019年も、よろしくお願い致します。

 

色々あって、最近あまり更新できていませんでしたが……。

どうやら年末にシャドウバースで新パックが出ていたようですね。

 

f:id:PlugOut:20190102150448p:plain

「Altersphere / 次元歪曲(じげんわいきょく)」

www.youtube.com

shadowverse.jp

どうやらテーマは別次元の世界。

一般的にいうところの、似ているけれもちょっと違う世界という位置付けのようですね。

人気キャラクター達が別クラスのカードとして登場するのが特徴の様です。

 

とりあえず今回も恒例のパックチケット配布があったのと、ミッションでパックチケットが手に入ったので引いてみましたよ。

以下、僕が引いた中での注目カード。

 

 

f:id:PlugOut:20190102152339p:image

「氷獄の王・サタン」 

なんじゃこりゃ……「コキュートスカード」という、専用のカードに自分のデッキを置き換えるカード何ですが……。

その「コキュートスカード」の壊れ具合ったらなんの。

 

f:id:PlugOut:20190102155926p:image

特に「アスタロトの宣告」は相手のライフを1にする凶悪カードで、相手が「氷獄の王・サタン」を使ってきたら真っ先に注意すべきですね。

一応アクセサレート3もあるけれど、そちらよりはファンファーレの方が使いそうなイメージ。

クラスは「ニュートラル」なのですが、コスト的にやはりドラゴンメインで投入されるだろうな。

 

f:id:PlugOut:20190102152350p:image

「炎獅子の大将軍」

前段パックで登場した「直接召喚」持ちのカードです。

他の能力としては、攻撃時に他のフォロワー全てを「+1/+1」します。

数でゴリ押す系のロイヤルデッキなら、間違いなく相性抜群でしょうね。

 

f:id:PlugOut:20190102152510p:image

「スウィート★メデューサ

今回はヴァンパイアではなく、ウィッチとして登場しました。

なのに能力は「毒ヘビ」か「メドゥシアナ」を出すというね。

単純に強そうなカード。

 

 

f:id:PlugOut:20190102152526p:image

「忌まわしき紫龍」 

ドラゴンのドローリソース強化カード。

ドラゴンばっかりドローリソースが優遇されている気がするなぁ。

間違いなく強い(確信)

 

f:id:PlugOut:20190102152557p:image

「天翔けるドラゴニュート」 

コスト7以上のカードを4回目かそれ以降にプレイすると、このカードが直接召喚されます。

そんでもって、基本「疾走」持ち。

ランプドラゴンに組み込むと、ライフを削る速度がどんどん加速していきそう。

 

f:id:PlugOut:20190102152610p:image

「真実の狂信者」

久々に出てきた、スペルブーストでコストが下がるフォロワー。

「絶望のキマイラ」よりも、使いやすいかな?

 

まだ環境が分からないので、まずはデッキを組んでみようと思います。

とりあえず今回はここまで。

ではでは!

 

【シャドバ】ギガントキマイラウィッチ

どーも、PlugOutです。

 

先日ご紹介した「蝙蝠アグロヴァンプ」ですが、ナーフによって弱体化されちゃいました(笑)

plugout.hatenablog.jp

なので僕は、別軸でデッキを組んで使っています。

それがウィッチ!

 

f:id:PlugOut:20181111101922p:image

今回のテーマは「ギガントキマイラウィッチ」です。

 

 

f:id:PlugOut:20181111101940p:image

デッキレシピがこちら。

相変わらず「ギガントキマイラ」あってナンボのデッキ構成となっております。

ただ全盛期の主要カードがローテーションではスタン落ちしていたりするため「土の秘術」カードを補完している形となっております。

 

f:id:PlugOut:20181111102006p:image

「ギガントキマイラ」

このデッキのキーカードです。

スペルブースト分の数値を相手のフォロワーとリーダーに割り振ってダメージという強カード。

ただコストが9と高めなので、いかに出すまでに場をコントロールしつつスペルブーストするかが肝になります。

ただ、おそらく次の弾のカードが出たらローテーション環境ではスタン落ちするでしょう。

 

f:id:PlugOut:20181111102019p:image

 「開闢の錬金術師・カリオストロ

開闢とは「天地のはじめ」という意味だそうな。

カリオストログラブルからのゲストキャラクターで、 ルパン三世ロリコン伯爵とは関係ありません。

ファンファーレで「土の魔片」をフィールドに出し、進化するとPPを2回復して「アルス・マグナ」を手札に加えるカード。

エンハンス8でEPを1回復できますが、こっちはあまり使うことは無いかも。

 

f:id:PlugOut:20181111102033p:image

「神託の妖童・アルルメイヤ」

悩んだ末に1枚だけ刺してあるカード。

出せれば毎ターンオートでスペルブーストされるので強いんですが、これを場に出せる状況って結構限定的なんですよね。

 

回し方としては……。

マリガンは「低コストスペル」OR「スペルブーストカード」をメインにサーチします。

全部「低コストスペル」でも全部「スペルブーストカード」でもダメなのが難しいところ。

それで手札の枚数をキープしつつ、相手の場のフォロワーを排除しながらギガントキマイラを手に入れて温めていきます。

目標はもちろん9ターン目でのリーサルですが、難しい場合はギガントキマイラのダメージ量を調整したり1枚目のギガントキマイラで場を制圧してから2枚目でリーサルしたりします。

「多いなる調停者・ゾーイ」や「神の盾・ブローディア」を出されるとなかなか厳しいので、それは対策を考える必要があるかな。

 

もうちょっと調整が必要かも。

ではでは!

 

【シャドバ】蝙蝠アグロヴァンプ

どーも、PlugOutです。

更新あまりできてませんでしたが、シャドバは続けていますよ!

 

f:id:PlugOut:20181024093718p:image

さて、今回ご紹介するのは僕のローテーション環境でのメインデッキの「蝙蝠アグロヴァンプ」です。

デッキレシピはこちら!

 

 

f:id:PlugOut:20181024092823p:image

基本的に自傷しつつ「闇喰らいの蝙蝠」での7ターン目リーサルを狙うデッキ構成となっております。

アグロタイプの構成なので、ライフ回復系を積んでいるビショップやドラゴン相手だと不利です。

 

f:id:PlugOut:20181024092859p:image

「闇喰らいの蝙蝠」

このデッキのキーカードで、今まで自分のターンに食らったダメージ回数分のダメージを相手のリーダーに与えるカード。

このカードのコストは7なので、いかに7ターン目までに自傷したかがキーポイント。

 

f:id:PlugOut:20181024092924p:image

「フラウロス」

基本ステータスが高い上に、ラストワードで回復持ちカードモモタロス

さらに特筆すべきは「直接召喚」という能力で、自分のターン中に4回ダメージを受けるとデッキから勝手に召喚されます。

積んでいる「0コスト自傷カード」が初手に4枚揃えば、1ターン目ですら召喚可能で、正直強すぎると思います。

 

f:id:PlugOut:20181024092942p:image

狂恋の華鎧・ヴィーラ」

進化すると、次の相手のターン終了時まで、このカードが存在する限りリーダーへのダメージを0にした上、このカード自身へのダメージも-2するという強カード。

進化しつつ自傷カードを使い、フラウロスを召喚すると一気に場を整えることも可能!

 

f:id:PlugOut:20181024092954p:image

「姦淫の絶傑・ヴァーレナク」

自傷回数がトータル7回以上という制約付きですが、相手のフォロワーを破壊してかつ疾走を持つという強いカード。

7ターン目までのサポートだけでなく、7ターン目でリーサルできない場合の繋ぎとしても有能です。

 

f:id:PlugOut:20181024094934p:image

「不穏なる闇の街」

チョイス能力持ちの0コストアミュレット。

基本的には「フラウロス召喚」のための0コスト自傷カードとして使いますが、状況によっては「狂恋の華鎧・ヴィーラ」の進化と組み合わせて「現れる狂気」をチョイスしてノーコストでライフを8回復することもできます。

 

さて理想的なムーブとしては、マリガンは「0コスト自傷カード」もしくは「1〜2コストフォロワー」狙いで行きます。

うまくいけば、2ターン目までに「フラウロス」を召喚できます。

相手にとって「フラウロス」の対処が最優先になるはずなので、その間にどんどん自傷しつつ場を整えて行きます。

進化できるようになったら「狂恋の華鎧・ヴィーラ」を駆使しつつ、どんどん自傷回数を増やして行きましょう。

7ターン目にちゃんと自傷回数が溜まっていれば「闇喰らいの蝙蝠」でリーサル、できなければ「姦淫の絶傑・ヴァーレナク」でダメージを与えたり場を整えたりします。

場合によっては、2枚目の「闇喰らいの蝙蝠」狙いでリーサルできなくてもダメージを与えてしまっても良いかもしれません。

 

そんな感じです。

ではでは!

 

【シャドバ】マゼルベインさん

どーも、PlugOutです。

 

f:id:PlugOut:20181010191741p:image

パックを引いていたらいつの間にか5枚になっていた、レジェンドカードのプッチ神父こと「唯我の絶傑・マゼルベイン」

一言言わせてほしい。

なぜこいつだけこんなにダブったんだ!?

 

……こいつの能力は、こいつ以外のカードがデッキに重複して存在しなかったら発動するという特殊なもの。

調べてみたら、デッキに同名カードを1枚しか入れない構築法を「ハイランダー」というそうです。

(多分このマゼルベインさんだけは3枚入れることになるので、厳格なハイランダーではないですが)

 

と言っても、今のシャドバ環境で、ハイランダー構成の強いデッキが全然想像できないんですが……。

せっかくキーカードが集まったので、僕も頑張って作ってみることにします。

ソル・バッドガイさんマゼルベインさんはニュートラルなんですが、果たしてどのデッキと相性が良いのやら。