ぷらぐあうとのまったりゲーム日誌

まったり話題のことについてつぶやく日誌

【シャドバ】ギガントキマイラウィッチ

どーも、PlugOutです。

 

先日ご紹介した「蝙蝠アグロヴァンプ」ですが、ナーフによって弱体化されちゃいました(笑)

plugout.hatenablog.jp

なので僕は、別軸でデッキを組んで使っています。

それがウィッチ!

 

f:id:PlugOut:20181111101922p:image

今回のテーマは「ギガントキマイラウィッチ」です。

 

 

f:id:PlugOut:20181111101940p:image

デッキレシピがこちら。

相変わらず「ギガントキマイラ」あってナンボのデッキ構成となっております。

ただ全盛期の主要カードがローテーションではスタン落ちしていたりするため「土の秘術」カードを補完している形となっております。

 

f:id:PlugOut:20181111102006p:image

「ギガントキマイラ」

このデッキのキーカードです。

スペルブースト分の数値を相手のフォロワーとリーダーに割り振ってダメージという強カード。

ただコストが9と高めなので、いかに出すまでに場をコントロールしつつスペルブーストするかが肝になります。

ただ、おそらく次の弾のカードが出たらローテーション環境ではスタン落ちするでしょう。

 

f:id:PlugOut:20181111102019p:image

 「開闢の錬金術師・カリオストロ

開闢とは「天地のはじめ」という意味だそうな。

カリオストログラブルからのゲストキャラクターで、 ルパン三世ロリコン伯爵とは関係ありません。

ファンファーレで「土の魔片」をフィールドに出し、進化するとPPを2回復して「アルス・マグナ」を手札に加えるカード。

エンハンス8でEPを1回復できますが、こっちはあまり使うことは無いかも。

 

f:id:PlugOut:20181111102033p:image

「神託の妖童・アルルメイヤ」

悩んだ末に1枚だけ刺してあるカード。

出せれば毎ターンオートでスペルブーストされるので強いんですが、これを場に出せる状況って結構限定的なんですよね。

 

回し方としては……。

マリガンは「低コストスペル」OR「スペルブーストカード」をメインにサーチします。

全部「低コストスペル」でも全部「スペルブーストカード」でもダメなのが難しいところ。

それで手札の枚数をキープしつつ、相手の場のフォロワーを排除しながらギガントキマイラを手に入れて温めていきます。

目標はもちろん9ターン目でのリーサルですが、難しい場合はギガントキマイラのダメージ量を調整したり1枚目のギガントキマイラで場を制圧してから2枚目でリーサルしたりします。

「多いなる調停者・ゾーイ」や「神の盾・ブローディア」を出されるとなかなか厳しいので、それは対策を考える必要があるかな。

 

もうちょっと調整が必要かも。

ではでは!