ぷらぐあうとのまったりゲーム日誌

まったり話題のことについてつぶやく日誌

【シャドバ】蝙蝠アグロヴァンプ

どーも、PlugOutです。

更新あまりできてませんでしたが、シャドバは続けていますよ!

 

f:id:PlugOut:20181024093718p:image

さて、今回ご紹介するのは僕のローテーション環境でのメインデッキの「蝙蝠アグロヴァンプ」です。

デッキレシピはこちら!

 

 

f:id:PlugOut:20181024092823p:image

基本的に自傷しつつ「闇喰らいの蝙蝠」での7ターン目リーサルを狙うデッキ構成となっております。

アグロタイプの構成なので、ライフ回復系を積んでいるビショップやドラゴン相手だと不利です。

 

f:id:PlugOut:20181024092859p:image

「闇喰らいの蝙蝠」

このデッキのキーカードで、今まで自分のターンに食らったダメージ回数分のダメージを相手のリーダーに与えるカード。

このカードのコストは7なので、いかに7ターン目までに自傷したかがキーポイント。

 

f:id:PlugOut:20181024092924p:image

「フラウロス」

基本ステータスが高い上に、ラストワードで回復持ちカードモモタロス

さらに特筆すべきは「直接召喚」という能力で、自分のターン中に4回ダメージを受けるとデッキから勝手に召喚されます。

積んでいる「0コスト自傷カード」が初手に4枚揃えば、1ターン目ですら召喚可能で、正直強すぎると思います。

 

f:id:PlugOut:20181024092942p:image

狂恋の華鎧・ヴィーラ」

進化すると、次の相手のターン終了時まで、このカードが存在する限りリーダーへのダメージを0にした上、このカード自身へのダメージも-2するという強カード。

進化しつつ自傷カードを使い、フラウロスを召喚すると一気に場を整えることも可能!

 

f:id:PlugOut:20181024092954p:image

「姦淫の絶傑・ヴァーレナク」

自傷回数がトータル7回以上という制約付きですが、相手のフォロワーを破壊してかつ疾走を持つという強いカード。

7ターン目までのサポートだけでなく、7ターン目でリーサルできない場合の繋ぎとしても有能です。

 

f:id:PlugOut:20181024094934p:image

「不穏なる闇の街」

チョイス能力持ちの0コストアミュレット。

基本的には「フラウロス召喚」のための0コスト自傷カードとして使いますが、状況によっては「狂恋の華鎧・ヴィーラ」の進化と組み合わせて「現れる狂気」をチョイスしてノーコストでライフを8回復することもできます。

 

さて理想的なムーブとしては、マリガンは「0コスト自傷カード」もしくは「1〜2コストフォロワー」狙いで行きます。

うまくいけば、2ターン目までに「フラウロス」を召喚できます。

相手にとって「フラウロス」の対処が最優先になるはずなので、その間にどんどん自傷しつつ場を整えて行きます。

進化できるようになったら「狂恋の華鎧・ヴィーラ」を駆使しつつ、どんどん自傷回数を増やして行きましょう。

7ターン目にちゃんと自傷回数が溜まっていれば「闇喰らいの蝙蝠」でリーサル、できなければ「姦淫の絶傑・ヴァーレナク」でダメージを与えたり場を整えたりします。

場合によっては、2枚目の「闇喰らいの蝙蝠」狙いでリーサルできなくてもダメージを与えてしまっても良いかもしれません。

 

そんな感じです。

ではでは!